FC2ブログ
八幡有楽劇場 TOP  >  上映作品 >  29年 3月 OP映画上映ご案内

29年 3月 OP映画上映ご案内

 27年4月にスクリーンを新調し、映像がより鮮明となりました
 リニューアルした快適なシートで
 ごゆっくり映画をお楽しみ下さい


29年3月4日(土)~3月9日(木)

『色慾怪談 ヌルっと入ります』
監督…荒木太郎、出演…南真菜果、水野朝陽、神納花

≪ヒンヤリお肌のアツイ誘惑 今夜もください…≫
色慾怪談/ヌルっと入ります

予告編はコチラ!


あらすじ・・・・
 教師の萩原が自室で勉強していると、下駄の音が近づいてくる。かつての教え子・美麗だった。人妻となり浴衣姿の彼女は美しく、しばらく呆然と見とれていた萩原に、同行してきた彼女の女中・夜音が声を掛け、我に返るのだった。

 幼い頃から美麗の世話をしてきた夜音は、彼女にとって唯一の理解者だ。この盆が終われば、彼女は世間体を気にする家に閉じ込められるか、暴力で女を蹂躙する夫の元へと戻されてしまう。

 美麗の想いを察し、差し出がましく思いながらも、盆の間だけでも美麗を嫁にしてやって欲しいと萩原に懇願する。

 思案する萩原だったが、夜音の機転で結ばれる二人。普段の内気な彼女からは想像できない激しい行為。それを厨房の階下から覗く萩原の叔父・伴。

 彼がふと気配を感じた先には、夜音が祈りに似た表情で佇んでおり、部屋の中にいる美麗の口元の動きを真似るように口を動かしていた。

 翌日。伴は境内を抜けた先の占い師・白翁堂に、昨夜の取り憑かれたような三人の相談をしていた。そこへ、足取り悪くも歩き行く萩原を見て、白翁堂は彼の死相を感じ取るが、ただのやりすぎだと伴は茶化す。

 家に帰った美麗を待ち構えていた継母・くに子。朝帰りしてまで不倫するはしたない女と罵り、折檻する。そして出入りの男・源次に襲わせる。美麗は泣きながらも次第に感じてしまう…。




29年3月11日(土)~3月16日(木)

『巨乳水着未亡人 悩殺熟女の秘密の痴態』
監督…清水大敬、出演…一条綺美香
、京野美麗、あやなれい、倖田李梨、青山真希、円城ひとみ


≪プールで生出し、漂う淫水!≫
巨乳水着未亡人/悩殺熟女の秘密の痴態

予告編はコチラ!


あらすじ…
 未亡人・キミカは、訳あって借金を抱えながらも前向きに家政婦として働いている。ある日家政婦協会社長・ひとみに、通常より5倍の給料が出る仕事を紹介される。

 それは水着で来客にセクシーポーズを見せる、といういかがわしい内容だった。戸惑いながらも、意を決して承諾するキミカ。

 金融会社の京介が借金の回収にやって来る。いつもの2倍の返済をするキミカに理由を尋ねると、彼女は嬉しそうに高給の仕事に就いたと話す。彼が帰った後、夫・武男の遺影を前に、キミカは京介のことを思い出しパンティの中へ手を伸ばす。

 忘れ物を取りに来た京介に見られてしまい、平静を装い立ち去ろうとする彼をキミカは引き止め、激しく抱き合う二人。未亡人の妻が心配で霊界をさまよい続ける武男は、その一部始終を見ていた。

 3年前。亜衣と東京に来たばかりの中村は、プール付きの豪邸を掃除するのが仕事だった。

 ある日、強盗に襲われた豪邸のオーナー・大田原を助けたことで、中村は一年間この豪邸を自由に利用する権利を与えられる。彼は借金まみれの仕事仲間を誘い、プール売春を始めた。

 キミカは中村に温かく迎えられ、彼の妻・亜衣のサポート家政婦を命じられる。初日を終えたキミカが中村の元へ挨拶に向かうと、酒に酔った彼は、これまでの経緯と亜衣が過去のトラウマに病んでいると語る。

 雰囲気に流されそうな二人を見て、武男は中村に乗り移り…。




★同時上映★3月11日(土)~3月16日(木)

『夫婦夜話 さかり妻たちの欲求』
監督…渡邊元嗣、出演…夏川亜咲、山口真里、藍山みなみ

≪妻はせつなく自慰する… 夫の愛撫を待てなくて…≫
夫婦夜話/さかり妻たちの欲求
夫婦1 d81e69cd
夫婦2 6d2b099e

あらすじ・・・・
 新居に越してきた英治と可憐の新婚夫婦。夫が出張中の可憐は、近所の主婦・晴子と知り合う。晴子は夫・文夫と倦怠期を迎えていた。

 後日、可憐は晴子夫妻を自宅に招いた。久しぶりに楽しい時間を過ごした可憐は酔いつぶれてしまった。晴子夫妻は可憐にすすめられ泊まることに。

 寝付けない文夫は思わずドアが開いていた可憐の寝室を覗いた。英治の名を呼びながら股間に手を伸ばす可憐は、寝ぼけて文夫を英治と間違え布団に引っ張り込んだ。

 やがて我に返った可憐は文夫に驚いた。翌日、可憐は晴子夫妻の倦怠期に一肌脱ぐことを決め、あの夜に文夫と関係を持ったと嘘をつく。

 晴子は話しを聞くうちに可憐の頬を張る。可憐はあの夜、文夫は大切な女房を悲しませるようなことはしないと断言した。それを聞いた晴子は文夫と愛の再確認をした…。





29年3月18日(土)~3月23日(木)

『性愛スキャンダル コケシと花嫁』
監督…池島ゆたか、出演…めぐり、川越ゆい、沢村麻耶

≪ゆきずり性具 太く長く愛撫して‼≫
性愛スキャンダル/コケシと花嫁

予告編はコチラ!


あらすじ・・・・
 内気だが、仕事一筋な自動車修理工・本間。この歳になるまで決まった女性の一人もおらず、真面目で優しい彼が唯一心を許しているのは、デリヘル嬢・マオだった。

 月に2度彼女を呼び、もう3年の付き合いだった。この日も彼女を呼び、いつものように熱い行為に浸ったあと、本間は突然その関係に終止符を打つ。

 老い先を考えるようになった本間は、お見合いパーティーに参加した。開催時間内には結ばれなかったが、会場を出ると二十代のOL・ゆりえに声を掛けられ、数度のデートを経て婚約することになった。

 長い付き合いの中で、マオは密かに本間を愛していたことに気づき、照れ臭そうに語る彼に嫉妬もする。だが、マオはただ彼の幸せを願うことにした。

 いつも笑顔で健気なゆりえを知るに連れ、本間の思いは募るばかり。そんな時、彼女は料理が上手くなりたいからと、料理教室に通い調理師免許を取りたいと言う。本間が全額出すと言うと、ゆりえは大喜びした。

 そんなある日、本間は公園の近くで人の足に蹴られドロドロのコケシを見かけた。見捨てることができず、ハンカチで綺麗にしてやり、近場にあった花壇の脇にそっと置いた。

 すると「ありがとう」という声が聞こえたような気がした。その晩、見知らぬ女性が彼の部屋を訪ねてきた…。




29年3月25日(金)~3月30日(木)

『いとこ白書 うずく淫乱熱』
監督…竹洞哲也、出演…赤西涼、かすみ果穂、倖田李梨

≪バージン卒業シーズン到来! 誰でもいいからHしたい‼≫
いとこ白書/うずく淫乱熱

あらすじ・・・・
 地元の大学に進学が決まったさくらは未だ処女。SEXに対する好奇心を膨らませ入学式までの日々を過ごしていた。さくらの良き相談相手だった担任の昌美は結婚が決まり引っ越していく。

 もう一人の相談相手、同じ大学の先輩になるいとこのもみじは、経験が少ないが処女ではなく、バイト先の店長・平吉に告白する機会を狙っている最中だった。

 ある日、さくらは進学のため上京する同級生・光明に告白された。二人はホテルへ行き初体験をあっさり済ませた。さくらにとって、それは想像以上の痛みを伴っていた。光明は遠距離交際を求めるが、さくらには無理だった。

 大学入学式、さくらの晴れ姿を見るため訪ねてきた昌美は、教師を辞めて由幸と結婚したことを悩んでいた。もみじは平吉に告白しようと飲み会を計画する。ところが、ホテルで隣に寝ていたのはバイト仲間の烈だった…。




八幡有楽劇場
IMG_20130911_112254140.jpg

27年4月にスクリーンを新調し、映像がより鮮明となりました
 リニューアルした快適なシートで
 ごゆっくり映画をお楽しみ下さい


 営 業 時 間
  ・ 日~木 11:00~20:00
  ・ 土曜日 11:00~23:00
  ・ 定休日 金曜日(祝日の場合は営業)
 
   ※毎週土曜日初日。3本立てで入替はありません

 入 場 料 金
  ・ 一般  1300円
  ・ シニア 1100円
  ・ 学生  1100円
  ・ 女性  1100円


 ア ク セ ス
  〒805-0069 福岡県北九州市前田2-5-1
  JR八幡駅 徒歩8分
  グーグルマップ 
  本掲載はすべてOP映画の作品内容です
  
  八幡有楽劇場ではOP映画のほかに新東宝映画、エクセスも
   上映しており、毎週各社ミックスの3本立て構成です

  各番組の上映時間のお問い合わせ、ご質問はお気軽にどうぞ
  TEL 093-671-4277

  八幡有楽劇場でお待ちしております
スポンサーサイト
[PR]

[ 2017年02月16日 12:42 ] カテゴリ:上映作品 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

八幡有楽劇場

Author:八幡有楽劇場
---------------

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
26年7月に座席リニューアル!
27年4月にスクリーン、リニューアル!
より快適に映画をお楽しみ下さい
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

---------------
〒805-0069
福岡県北九州市前田2-5-1
TEL 093-671-4277
スクリーン数 1
座席数 130

交通アクセス
JR八幡駅 徒歩8分
★マップは下記のリンク
をご参照下さい

---------------
 営 業 時 間
・日~木 11:00~20:00
・土曜日 11:00~23:00
・定休日 金曜日(祝日の場合は営業)
 
 毎週土曜日初日
 (3本立て)
 入替はありません

 上映時間は劇場に
 お問い合わせ下さい

 18歳未満はご入場に
 なれません。

---------------
入 場 料 金
・一般  1300円

・シニア 1100円

・学生  1100円

・女性  1100円

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR